阿賀北ノベルジャムオンラインで創っていく、ものがたり

これまでの作品

第3回 阿賀北ノベルジャム2022

チーム名:雪水米宗

チーム名:蒼杜書房

チーム名:いぬねこ出版

有限会社新潟防衛軍
有限会社新潟防衛軍

著者:小林猫太
編集者:げんなり
デザイナー:犬藤

「新潟は狙われている!」
妄想に囚われた新潟県知事猪狩玄太郎は知事選に落選するが、私財を投じて「有限会社新潟防衛軍」を立ち上げた。
そこに集められたのは、猪狩を監視するために所属政党から送り込まれた馬鹿正直事務員青山慎二、武闘系女性警官咲坂由香里、特撮オタクの大学生加藤和宏のちぐはぐ三人組。それぞれの思惑が見事に空回りして、開店休業状態のはずだった新潟防衛軍。しかし、そんな防衛軍本部を謎の秘密結社が強襲した!
果たして彼等の目的は何か。新潟防衛軍を襲う危機また危機。
そして事態収拾のために青山が画策した、現知事を巻き込む秘策とは?
過去・現在・未来をつなぐ、新潟に生きる人々の思いを新潟防衛軍が守る。
感動のコメディ巨編、満を持して登場!

県北戦士アガキタイオン
県北戦士アガキタイオン

著者:日比野心労
編集者:げんなり
デザイナー:犬藤

「私と一緒に、ご当地ヒーローやってみない?」
コスプレイヤーの姫華マキナと衣装作りの天才ミッシー、二人の女子高校生が挑む、謎の打ち切りで伝説となった特撮ヒーローの復活プロジェクト!
「好き」を追い求めた先にある夢を叶えるため、周囲を巻き込んだヒーローショーのステージは今、クライマックスを迎える──!
失敗したりケンカしたり、青春ヒーローなりきりストーリー!
県北戦士アガキタイオン!
放送当時のエピソードの再録と共に、今ここに登場!

──君も一緒に、足掻こうぜ?

チーム名:菖蒲舎

コ・スリーピング
コ・スリーピング

著者:青原慈雨
編集者:波野發作
デザイナー:おおおくままなみ

死者の記憶を読み、対話できる能力を持つ青年土野ユウキは今日も遺族の願いを聞く。亡き夫の腕時計を探す老婦人、自殺した我が子と話がしたいシングルマザー、事故死した妻に聞きたいことがある夫。依頼人たちはそれぞれに叶わなかった想いをユウキに託す。もたらされるのは福音か、それとも直視できない真実か。

第2回 阿賀北ノベルジャム2021

第1回 阿賀北ノベルジャム2020

阿賀北ロマン賞(前身イベント)

阿賀北ロマン賞とは、2009年から12回行われてきた文学賞で、阿賀来たの地域振興、文学による人材発掘とアイデンティティの創造および新しい文藝作品の創造を目的として創設されました。

過去の受賞作品

こちらからご覧いただけます。
https://note.com/agakita_noveljam/m/mabf17a377eba

第一回

小説部門 姉とみたオリオン 杉原泰洋

小説部門・高校生の部 星たちのカリオン 西村優輝

随筆部門 二王子岳と仲間達 石田瑞穂

第二回

小説部門 一般の部 夢の中で 麻月鉈

随筆部門 新たに涼し 須藤登茂子

第三回

随筆部門 かたびら雪 中村通子

第四回

小説部門 黒糖のかおり 村川忍

随筆部門 から寿司 渡会雅魚

童話部門 いろり きしだしげお

第五回

小説部門 あぶらあげと笹団子 日坂ひよる

随筆部門 越後のとりこに 光原和義

童話部門 春をもたらす歌声 円立いな

第六回

小説部門 一般・大学生の部 命の音 加藤 千尋

随筆部門 癒すちから 水島 育子

第七回

童話部門 加治川で見た夢 和田 彩音

小説部門 方舟は滑る しば しょう

小説部門 猫とあやめ 伊瀬 祥記

第八回

童話部門 あやめのハエピン 阿部 泉咲

小説部門 青い夕焼け 芳賀萌黄

第九回

小説部門 世界の余白 七瀬瑛

第十回

小説部門 あぜ道の向こう 葉山エミ

小説部門 三日月ラグーン 朝平祐

第十一回

小説部門 花満ちて、ひとり 真野桐子

第十二回

小説部門 めぐり姫 関川ちぐら

小説部門 蛍の寄り道 朝平祐