阿賀北ノベルジャムオンラインで創っていく、ものがたり

阿賀北ノベルジャムとは?

ノベルジャムとは

「著者」と「編集者」と「デザイナー」がリアルに集まってチームを作り、ゼロから小説を書き上げ編集・校正して表紙を付け「本」にして販売までを行う『短期集中型の作品制作・販売企画』です。
3者が、あたかもジャムセッション(即興演奏)をするが如く、互いに刺激を得ながらその場で作品を創り上げていきます。(「ノベルジャム」はNPO法人HON.jpの登録商標です)
本家ノベルジャムは2017年から4回開催され、のべ98名が参加。毎回15作品以上が出版されています。

Photo by 川島彩水

エリアの定義

阿賀北ノベルジャムでは、新潟県内の阿賀野川より北の地域一帯を指すこととします。

「阿賀北ノベルジャム2020オンライン」の意義

阿賀北ノベルジャム2020審査員

審査員長 仲俣 暁生

【プロフィール】フリー編集者、文筆家、「マガジン航」編集発行人
著書:『失われた「文学」を求めて【文芸時評編】』(つかだま書房)、『再起動せよと雑誌はいう』(京阪神エルマガジン社)、『極西文学論』(晶文社)、共著:『編集進化論』(フィルムアート社)ほか。

【阿賀北ノベルジャム2020への期待】物語の作者と編集者、デザイナーが対等な立場でコラボレーションし、執筆からデザイン、出版までを短期間で完成させるノベルジャムという試みは、インターネットや電子書籍といったメディア環境のなかで誕生した新しい創作支援システムです。今回はCOVID19がもたらした未曾有の社会状況のなかオンラインでの開催になりますが、この逆境をむしろ好機ととらえ、チャレンジしてほしいと思います。阿賀北という地域の歴史や風土を魅力的に伝えるとともに、いまの時代を生きる人のリアルな感覚を映し出した作品が書かれることを期待しています。

審査員 有田 真代

【プロフィール】1984年生まれ。編集者/プロデューサー。
横浜国立大学教育人間科学部卒業後、出版社・IT企業で営業・宣伝・広報・編集などを担当。
これまで立ち上げた企画に物書きのためのメディア「monokaki」、オリジナルアニメ創出プロジェクト「Project ANIMA」ほか。
Twitter, note: @arimayoco

【阿賀北ノベルジャム2020への期待】今年の春、友人と新潟への旅行を計画していました。コロナで泣く泣く断念し、ホテルをキャンセルしたところに飛び込んできたのが「阿賀北ノベルジャム」開催のお知らせ。初のオンライン、初の地方開催、初の数か月にわたる執筆期間で長編も解禁!まだ見ぬその地にはどんな人がいて、日々何を考え、どんな物語を生きているのか? ニュースからもSNSからも映像作品からもわからないものをこそ、小説の力で伝えてください。どこにも行けない時代の「地方文学」が何を描くのか、一読者として楽しみにしています。

審査員 間狩 隆充

【プロフィール】1964年生まれ。新潟日報社新発田総局長・編集局次長職・論説編集委員。
早稲田大学社会科学部卒業後、1988年新潟日報社入社。
新井支局長、佐渡支局長、整理部第二部長、整理部長、報道部特設・統合編集担当部長、新発田総局長を歴任。

【阿賀北ノベルジャム2020への期待】阿賀北の自然や産業、住む人たちの息づかいが生き生きと伝わるような作品を期待しております。ノベルジャムという従来とは違った手法での作品は、私にとってはまだ未知なものであり、どんな小説が生まれてくるのか、目を通す日を楽しみにしております。

運営代表からの挨拶

阿賀北ノベルジャム実行委員会学生リーダー 勝山 ひかる

このたび阿賀北ノベルジャムの学生リーダーとなりました勝山です。
阿賀北ノベルジャム実行委員会は、敬和学園大学の図書愛好会「ライブリオ」と文字書きサークル「ライティング」に所属しているメンバーが大多数をしめています。それだけにメンバーの物語に対する想いはアツいです。
幼い頃、布団の上で親に電気を消されるまで夢中で読んだ本は今でも忘れません。そんな物語が阿賀北に生まれることを願っています。

敬和学園大学 人文学部 国際文化学科准教授
阿賀北ノベルジャム実行委員長
松本 淳

阿賀北ノベルジャムの担当教員の松本淳です。これまで東京で開催してきたノベルジャムはかねてより「地域で開催したい」という要望を頂いておりました。全国的に人口減少が止まらない中、地域の魅力を物語を通じて発信することで、シビックプライド(=その地に暮らす人々の誇り)を再確認し、地域の活性化、定住の促進へとつながる可能性をそこに見いだしています。コロナ禍の中、第1回からオンライン化するという異例のスタートとなりますが、これは阿賀北に暮らす若者たちが地域の魅力を発見し、離れた場所にいる人々に伝える挑戦であり、これからの時代のスタンダードを先取りする取り組みになると考えています。

主催/運営
代表:敬和学園大学「阿賀北ノベルジャム実行委員」 (連絡先) 敬和学園大学/教務課 TEL 0254-26-2514
共催
新発田市・聖籠町
法人協賛
<五十音順>㈱エフエムしばた、㈱ウオロク、一般社団法人 下越総合健康開発センター、カナン建物㈱、北越後農業協同組合、小柳産業㈱、一般社団法人 北蒲原医師会、一般社団法人 新発田市歯科医師会、新発田商工会議所、新発田ビルサービス㈱、新菖工業㈱(2)、㈱大光銀行、㈱第四銀行、第四リース㈱、大進電業㈱、㈱長崎屋、日東アリマン㈱、㈱花安新発田斎場、㈱夢ハウス
個人協賛
鷹野凌(2)
コンテンツパートナー
<五十音順>㈱アルビレックス新潟レディース、市島酒造㈱、合同会社ミライズ(月岡温泉)
後援
新潟県新発田地域振興局、阿賀野市、胎内市、新発田市教育委員会、阿賀野市教育委員会、胎内市教育委員会、聖籠町教育委員会、新発田地域広域事務組合、新潟県高等学校文化連盟、 新潟日報社、朝日新聞新潟総局、毎日新聞新潟支局、NST新潟総合テレビ、TeNYテレビ新潟、エフエムラジオ新潟、エフエムしばた、特定非営利活動法人HON.jp