阿賀北ノベルジャムオンラインで創っていく、ものがたり

阿賀北ノベルジャムとは?

ノベルジャムとは

「著者」と「編集者」と「デザイナー」がリアルに集まってチームを作り、ゼロから小説を書き上げ編集・校正して表紙を付け「本」にして販売までを行う『短期集中型の作品制作・販売企画』です。
3者が、あたかもジャムセッション(即興演奏)をするが如く、互いに刺激を得ながらその場で作品を創り上げていきます。(「ノベルジャム」はNPO法人HON.jpの登録商標です)
本家ノベルジャムは2017年から4回開催され、のべ98名が参加。毎回15作品以上が出版されています。

Photo by 川島彩水

第1回阿賀北ノベルジャム

2020年に、それまで12年年間続いてきた「阿賀北ロマン賞」を承継する形で、第1回目となる阿賀北ノベルジャムが開催されました。
当初の計画では東京で実施されているノベルジャム同様、2泊3日の合宿形式で実施する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響によりイベントを完全オンラインで実施することを決定。約3ヶ月間の制作期間中には、プロットが完成した段階、初稿ができた段階など各段階でオンライン番組を通じて各チームの進捗具合を報告しました。15名が参加し、5作品が生まれ、その後約3ヶ月間の販促PR期間を経て、Yohクモハさんの『バッテンガール』がグランプリに輝きました。制作過程やグランプリ授賞式の模様はNHKでも紹介され、大きな話題となりました

エリアの定義

阿賀北ノベルジャムでは、新潟県内の阿賀野川より北の地域一帯を指すこととします。

運営代表からの挨拶

阿賀北ノベルジャム実行委員会学生リーダー 一野 諒也

第2回阿賀北ノベルジャム学生リーダーとなりました一野諒也です。
大学では史学を専攻しているので歴史関係の本を読むことが多いですが、その他にもビターな恋愛小説から旅行雑誌まで雑食です。
本年度の阿賀北ノベルジャムは昨年度の反省や新たな要素を取り入れパワーアップしました。
集え!未来ベストセラー作家
皆さんの阿賀北へのアツい想い、物語にしてみませんか?

    阿賀北ノベルジャム実行委員会運営メンバー
  • 一野諒也
  • 田中晴香
  • 本間俊介
  • 八藤後直哉
  • 三浦王暉
  • 金安優希
  • 河内茂正
  • 神田智美
  • 斎藤憧子
  • 山下美冬
敬和学園大学 人文学部 国際文化学科准教授
阿賀北ノベルジャム実行委員長
松本 淳

阿賀北ノベルジャムの担当教員の松本淳です。これまで東京で開催してきたノベルジャムはかねてより「地域で開催したい」という要望を頂いておりました。全国的に人口減少が止まらない中、地域の魅力を物語を通じて発信することで、シビックプライド(=その地に暮らす人々の誇り)を再確認し、地域の活性化、定住の促進へとつながる可能性をそこに見いだしています。コロナ禍の中、第1回からオンライン化するという異例のスタートとなりますが、これは阿賀北に暮らす若者たちが地域の魅力を発見し、離れた場所にいる人々に伝える挑戦であり、これからの時代のスタンダードを先取りする取り組みになると考えています。